労働組合 岡山マスカットユニオン

私たちユニオン、労働組合は「共謀罪」成立を認めません。


 (どのような言いがかりでも付けて)労働組合活動をつぶすことが可能となる「共謀罪」の新設を、私たちユニオン、労働組合は絶対に認めません。
 具体的な行為がなくても、警察、権力が「共謀」を認定するだけで、どのような「犯罪」をもデッチあげることができるようになりました。
 戦前の「治安維持法」の再来そのものです。
 教育、福祉、人の命をも金儲けのネタにして恥じない勢力と結託している「政府」にとって目障りである-(本来の)労働組合活動をつぶす目的で「犯罪」デッチ上げに向かうことは確実です。
 私たちユニオンは、あくまでも労働者として(「政治家」とは別の立場で) 「共謀罪」(と、それを必要としている勢力)と闘います。

成立 岡山でも抗議活動 「廃止まで頑張る」 /岡山
毎日新聞2017年6月16日 地方版より
https://mainichi.jp/articles/20170616/ddl/k33/010/534000c
「「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法が国会で15日に成立したことを受け、岡山市内では市民団体が「強行採決だ」と抗議する街頭活動をした。
 団体は「とめよう戦争への道!百万人署名運動岡山県連絡会」。この日夕、北区のJR岡山駅前で、メンバー6人が訴えた。団体代表の野田隆三郎・岡山大名誉教授(80)はマイクを手に「共謀罪は恐ろしい。言論の自由など基本的人権を根底から破壊する」と強調した。メンバーで南区藤田の無職、関藤俊江さん(62)は「諦めずに廃止するまで頑張る」と話した。」



街頭宣伝


労働相談はマスカットユニオンに

  電話での労働相談まどぐち Tel. 090・4693・4984
下のステッカー(またはmuscatunion@yahoo.co.jp)をクリックすれば労働相談メールフォーム入力画面に移動します。








 ほんとうなら、全ての審議を拒否しなければいけないほどの悪法(憲法違反)なのに、それをしなかった自称「野党」に期待することにあまり意味はないと思います。「国会」でのその者たちのおしゃべりは、安倍・自公「政府」にとっては痛くもかゆくもない「プロレス」です。 不正な社会は、労働者の団結した力によってしか変えれないのです。(副)

PageTop