労働組合 岡山マスカットユニオン

岡山西大寺病院を相手取った解雇無効確認請求訴訟が始まりました!


 2016年10月18日(火)、岡山西大寺病院で放射線技師として働いていたA組合員に対する不当極まりない懲戒解雇に対して、岡山地方裁判所に解雇無効確認請求訴訟を提起しました。
 原告のAさんは本年5月20日、ささいなミスを理由に退職勧奨を受けました。退職勧奨を拒否したAさんに対して、岡山西大寺病院の小林直哉理事長は6月20日、突如「懲戒解雇通知」を送りつけてきました。
Aさんは理不尽な退職勧奨と懲戒解雇によってうつ病を発症し、心療内科での治療を続けています。Aさんの地位保全の仮処分を求めた裁判においては、病院はいとも簡単に懲戒解雇を撤回しました。Aさんがまだ復職できる健康状態にないことを百も承知のうえで、解雇を撤回するから復職せよと迫りました。
 実は、岡山西大寺病院ではこれまでも解雇や退職強要が横行し、小林理事長の機嫌ひとつで多くの職員が涙をのんで職場を去ってきました。また、薬剤の回し打ちやその薬剤の不正請求を行うなど、安全無視や違法行為が日常的に行われていた事実を問題視した職員を病院から次々と排除してきました。
 Aさんは経済的な困難や病気とたたかいながら、こうした病院のありかたを根本から変えなければとの思いで、裁判に立ち上がりました。
 岡山西大寺病院小林理事長の以下の所為は、病院理事長という地位を利用し、Aさんを懲戒解雇するために意図をもってカルテを改ざんし、そのカルテを裁判の証拠書類として提出しました。そのカルテは5月20日に発生した事件から1カ月後に書かれたものでした。カルテの改ざんは絶対に許されない行為でありながらも、職員を退職にするために、意図も簡単に改ざんを行うなど、医師としてモラルが低く、法律を守れない医師は医師にあらずだと考えます。
この背景には、小林理事長の利益最優先のために 患者や職員のことなど 全く顧みることもなく「外部にバレなければ何をやってもいい。意見の言う者は辞めさせればいい。医者(オレ)の言うことがすべてなんだ。」 といったごう慢な姿勢があります。
このような違法行為を繰り返す病院をこのまま放置するということは、職員・患者にとって 不利益であり、危険です。解雇無効確認請求訴訟においても、以下、違法性※があると考えますので厳罰に処することを関係各所に求めていきたいと考えています。
 医療・福祉の職場で働く労働者のみなさん、私たちの裁判に注目してください。
 1人1人が団結して声を上げて、職場を良いほうに変えていきましょう。
 みなさんのご支援と傍聴を、よろしくお願いします。
 

① 「医師としての品位を損するような行為」(医師法7条2項)
② 「偽造・変造の証拠を使用」(刑法104条)
③ 「医師は、診療をしたときは、遅滞なく診療に関する事項を診療録に記載しなければならない」(医師法24条1項)。

PageTop