労働組合 岡山マスカットユニオン

戦争をするオバマは広島に来るな!



  電話での労働相談まどぐち Tel. 090・4693・4984
下のステッカー(またはmuscatunion@yahoo.co.jp)をクリックすれば労働相談メールフォーム入力画面に移動します。
     
 「オバマが広島に来て、平和資料館を見学すれば、核廃絶のために真剣になる」というのは、まったくの幻想です。
 「核兵器が存在する限り、米国は敵国を抑止するために安全でしっかりした、効果的な(核ミサイルの)保有量を維持する。……幻想を持ってはならない。いくつかの国はルールを破る。だから、どんな国がそうしても、例外なく代償に直面する構造が必要だ」——これが2009年4月「プラハ演説」の核心なのです。このどこに「核廃絶」の意思があるのでしょうか?
 世界最大の核軍事大国であるアメリカは、中東などで殺戮と破壊を繰り返し、沖縄を基地の島にし続け、朝鮮半島で新たな戦争・核戦争を準備しています。そのアメリカの最高戦争司令官が、どうして「核廃絶の希望」なのか?
 米日韓の軍事的一体化を進めるためのセレモニーが、オバマの広島訪問なのです。 
 5月27日、オバマ広島訪問反対のデモに、岡山からも参加しました。
 
2016-05-27

PageTop