労働組合 岡山マスカットユニオン

労働相談会に参加した青年からのお便り。


 労働相談会に参加した青年からのお便りを紹介します。

 労働相談会及び労働学校で多くのことを考えさせられました。
 まず、全国の労働組合の推定組織率(雇用労働者に占める組合員の割合)は、昨年で17.7%ということについてです。これは1947年の調査開始以降の最低水準だとか。ブラック企業の話題が毎日のように出ているなかで、それに対抗するはずの組織が年々減少していることがよく分かります。
 そのような状況中でそもそも労働組合とは何か。それは立場の弱い労働者が経営者や使用者と対等に交渉するための手段だと思います。その手段が減少しているから、職場環境が悪い時になっても、嫌なら辞めるしかないという考えしかでてこないのではないでしょうか。
 職場の悩みは上司や周りに相談して解決していくものでしょう。しかしそれが出来てないから多くに人が不満を持ちながら我慢して働いている。そしてその我慢が無理だとなれば辞めていく。そこに会社に交渉して改善するという流れはありません。悪いものはいつまでも悪いままです。辞めるしかないという言葉の裏には、例え上に不満や職場の問題点を言ったとしても変わらないという諦めがあるのでしょう。だからこそ今、そんな諦めの状況を打破したい。その為に必要な手段こそ労働組合です。労働者一人一人が協力して問題解決を訴える団結が今本当に必要とされているのです。
 私個人の目標は、労働者一人一人をつなぐ全国規模の労働組合、ユニオンを新たに創立することです。各都道府県に一人でも参加できる労働組合があるでしょう。その労働組合の全てをブラック企業撲滅という一つの目標の元につなげることです。
 労働組合に必要とされていることは、情報と人だと思います。それを手にするには、ただ声高に団結しよう団結しようと言うのではなく、「協力し合いませんか?」と一人一人に声をかけていくことだと思います。そして職場の労働について話し合える仲間作りとその機会の提供、この二つを進めていこうと思います。
 それゆえに今回の労働相談会および労働学校は、その始まりとして、とても有意義であったと思います。


PageTop