労働組合 岡山マスカットユニオン

最低賃金を時給1500円以上に! 民主党・連合政府は「最低賃金1000円」公約を破る。

 労働相談まどぐち
下のステッカー(またはmuscatunion@yahoo.co.jp)をクリックすれば労働相談メールフォーム入力画面に移動します。
     
     muscatunion@yahoo.co.jp


山陽新聞記事
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2010092719031462

最低賃金を時給13円引き上げ
 
 岡山労働局は27日、県内の1時間当たりの最低賃金を現在より13円引き上げ683円にすると発表した。11月5日から適用される。改定は1円引き上げた昨年10月以来で、改定額を時給で示すようになった2002年度以降で最大の上げ幅。

 政府は6月にまとめた成長戦略で、最も低い都道府県の最低賃金をできる限り早期に時給800円に引き上げるなどの方針を示している。中央最低賃金審議会は8月、長妻昭厚生労働相(当時)に都道府県ごとの引き上げ額を10~47円(岡山県は10円)が目安と答申していた。

 これを受け、岡山地方最低賃金審議会は今月8日、岡山労働局長に13円の引き上げを答申。その後、県労会議と県内の非正規労働者でつくる岡山マスカットユニオンが引き上げ額の増額を求めて異議を申し立てたが、同審議会は答申額が妥当と判断した。


(9/27 22:30)


******************
労働相談は岡山マスカットユニオンへ!
マスカットユニオンは解雇・賃下げ・リストラと
たたかう地域の合同労組です。
誰でも、一人でも加入できます。
労働相談いつでも受付中!
******************


 マスカットユニオンへの労働相談、通信、悪徳企業および職場についての情報提供などは、メールアドレスに直接連絡していただければ幸いです。もちろん秘密は厳守します(メールフォームからも送信できます)↓。

     muscatunion@yahoo.co.jp

カンパはこちらにお願いします。
郵便振替
01340-7-100459
岡山マスカットユニオン


PageTop

未払い残業代の支払いかちとる!

 労働相談まどぐち
下のステッカー(またはmuscatunion@yahoo.co.jp)をクリックすれば労働相談メールフォーム入力画面に移動します。
     
     muscatunion@yahoo.co.jp

ユニオン通信が創刊されました!\(^0^)/
  ユニオン通信No.1(2010年7月18日)より。
未払い残業代の支払いかちとる!
8・6ヒロシマ大行動に参加しよう!

「裁量労働制」を偽装したサービス残業強制は許せない!

 6月29日、IT関連の会社で働く20代の労働者Cさんは、突然、社長から「明日で来なくてよい」と即時解雇通告書なるものを渡されました。
 翌朝、ユニオンの仲間と会社を訪ねてゆき、理由も明らかにしておらず、一か月前の予告もしていない労基法違反の不当解雇だと訴えたところ、社長はすぐに解雇を撤回しました。

 ひどい時には徹夜で24時間作業を続けたこともあるという、過労死が出てもおかしくないような労働実態のうえ、時間外労働賃金が一切支給されていないというひどい会社に怒っていたCさんは退職の意思を固めていましたので、未払いの残業代の支払いを求めて団体交渉を申し入れました。
 いったん約束して決めていた交渉の日取りを延期したうえ、社長は「労使紛争が解決しないと銀行から融資が受けられない。そのために6月分の給与が他の社員にも未払いになっている」と自らの経営責任を棚に上げて、まるでCさんのせいで倒産の危機に瀕して他の社員も迷惑しているかのような言動を繰り返しました。

 さらに、この社長は社員には「試用期間が済んだら時間外手当を出す。」とか、「もう少し業績があがったら出す。」などと言い訳をしていたのですが、入社時の雇用契約書も渡さずに、こっそりと「裁量労働制」を導入していたことも団体交渉の中で判明しました。
 「裁量労働制」を偽装して社員にサービス残業を強制していた悪質な会社に対して、労働基準監督署に労基法違反を申告すると通告し、再びの団体交渉を求めました。
 社長は社会問題となることを恐れて、Cさんの残業代を支払うと約束しました。さらに、解雇通告をしたことへの謝罪、長時間のサービス残業を強制したことへの謝罪、裁量労働制導入の違法性を認め改善することを約束して和解しました。

 Cさんの残業代は取り戻せましたが、社長は依然として「裁量労働制」をあきらめようとしていません。 今いる社員の労働条件の向上と、IT産業全体にはびこっている「裁量労働制」を偽装したサービス残業の強制をやめさせ、「裁量労働制」を廃止していく取り組みを今後も続けることをCさんとみんなで誓い合いました。
 労働者の団結の力、連帯の行動を強めることが肝心です。「全世界の労働者・民衆の団結で、核をなくせ!戦争・改憲をとめよう!」というスローガンのもとでたたかわれる8・6ヒロシマ大行動に参加しましょう。

       『俺たちは鉄路に生きる (上)』(労働者学習センター,2006年)、180p
     マスカットユニオンは、労働者を虐待する経営者に容赦しない。

******************
労働相談は岡山マスカットユニオンへ!
マスカットユニオンは解雇・賃下げ・リストラと
たたかう地域の合同労組です。
誰でも、一人でも加入できます。
労働相談いつでも受付中!
******************


 マスカットユニオンへの労働相談、通信、悪徳企業および職場についての情報提供などは、メールアドレスに直接連絡していただければ幸いです。もちろん秘密は厳守します(メールフォームからも送信できます)↓。

     muscatunion@yahoo.co.jp

カンパはこちらにお願いします。
郵便振替
01340-7-100459
マスカットユニオン


PageTop

倉敷・大原美術館前でクラレテクノへの抗議行動

 労働相談まどぐち
下のステッカー(またはmuscatunion@yahoo.co.jp)をクリックすれば労働相談メールフォーム入力画面に移動します。
     
     muscatunion@yahoo.co.jp

 9月5日(日曜日)、マスカットユニオンは、倉敷市の大原美術館の近くで クラレテクノ株式会社に抗議するビラ配りと街頭宣伝を行ないました。
 美観地区を行き交う大勢の倉敷市民、全国から来る観光客のみなさんの注目を集めました。
 妹尾・倉敷営業所長によるAさんへのパワハラと不当解雇
 団体交渉の場では弁護士を表に立てるばかりで、まるで誠意の無い会社側の言い逃れの数々・・・到底許せるものではありません!
  クラレテクノ株式会社には、今も労基署の調査が続いており、妹尾所長らは追いつめられています。
 同じような思いをさせられてきたクラレ内外の仲間からも、激励と支援が寄せられています。組合の団結の力で、パワハラと労災を謝罪させ、解雇を必ず撤回させます。

クラレは、大原美術館をつくった大原家ゆかりの会社だ。 
             2010年9月5日01
              2010年9月5日02
動労西日本の青年労働者も応援に来る。 

  クラレテクノ株式会社はAさんへのパワーハラスメントと労働災害の事実を認め、謝罪せよ!
 不当な雇止め解雇を撤回せよ!

 皆さんも一緒に声をあげてください。
 【抗議先】 クラレテクノ株式会社
 社長 坂井俊英
 TEL:06-7635-1404
 FAX:06-7635-1430
 クラレテクノ株式会社への意見・質問メールフォーム入力画面はここ  
 http://www.kuraray-techno.com/form.html 

ーーーーーーーーーーーーー
 マスカットユニオンへの労働相談、通信、悪徳企業および職場についての情報提供などは、メールアドレスに直接連絡していただければ幸いです。もちろん秘密は厳守します(メールフォームからも送信できます)↓。

     muscatunion@yahoo.co.jp

カンパはこちらにお願いします。
郵便振替
01340-7-100459
マスカットユニオン


PageTop

朝鮮高校無償化の文科省要請を!

 労働相談まどぐち
下のステッカー(またはmuscatunion@yahoo.co.jp)をクリックすれば労働相談メールフォーム入力画面に移動します。
     
     muscatunion@yahoo.co.jp

MLからの転載です。

<BCC送信しています><転送歓迎!>

○○○です。

朝高「無償化」適用問題についてのお願いです。

先週火曜日の参議院文教科学委員会において自民党の義家議員の質問に対し、川端大臣は党内政策調査会での議論(これは先週2度行われ、適用すべきの声が多数派だったということです)を踏まえると同時に
「ホットラインに対して、あるいは各いろんな関係団体からご要望、ご意見もいただいております。そういうことを踏まえながら最終的に基準をどうするかを決めていきたい・・・」
と答えています。
週内にも組閣が行われ大臣をはじめ文科の政務三役や内閣官房のメンバーにも変化があるだろうことを考えるとなおさら、検討会議の報告書の基準で確定し、速やかに適用の判断をするよう促す多くの声を、文科省や首相官邸に届ける必要があるかと思います。除外派の動きも活発化しているようです。既に何度か呼びかけていることではありますが、簡単なものでも結構ですから、是非、下記へ皆様の声を届けてください。

文科省
https://www.inquiry.mext.go.jp/inquiry38/

首相官邸
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

PageTop