労働組合 岡山マスカットユニオン

「雇い止め」解雇に反撃が開始される

 労働相談まどぐち
下のステッカー(またはmuscatunion@yahoo.co.jp)をクリックすれば労働相談メールフォーム入力画面に移動します。
     
     muscatunion@yahoo.co.jp

 動労西日本の山田和広副委員長への「雇い止め」解雇に反撃が開始されました。(続)

     2010.02.21 春闘集会01
     2010.02.21春闘集会は山田副委員長の「雇い止め」解雇に対する反撃を誓う。

毎日新聞記事
http://mainichi.jp/area/okayama/archive/news/2010/02/27/20100227ddlk33040517000c.html
救済申し立て:雇い止めの撤回求め JR岡山の男性契約社員、県労委に /岡山

 国鉄西日本動力車労組は26日、JR西日本岡山支社の男性契約社員(26)の契約打ち切りは不当として、県労働委員会に雇い止めの撤回を求めて救済を申し立てた。

 申し立てによると、男性は05年12月から改札業務などを担当。契約は年度ごとに更新され、満5年まで継続できるため、今年12月18日まで勤務可能だった。しかし、男性は今月19日、上司に「3月末日で契約を更新しない」と通知され、理由として「勤務成績や処分を考慮した」と説明されたという。

 男性は「具体的な説明がなく、不当」と訴えている。男性は遅刻や休憩時間中のビラまきを理由に受けた訓告、戒告処分についても救済を申し立てている。JR西日本は「一個人の契約についてコメントできない」としている。
【石戸諭】




動労西日本の申し入れ書
-------------------------
西日本旅客鉄道株式会社
岡山支社長 長谷川 一明 様
岡山駅長  三宅  勝  様

2010年2月21日
国鉄西日本動力車労働組合
執行委員長  大江照己
執行副委員長 山田和広

申し入れ

(1)2010年2月19日の岡山駅勤務の契約社員・山田和広君(動労西日本副委員長)に対する「勤務状況を勘案し、3月31日をもって契約更新しない」という雇止め通告を直ちに撤回せよ。
 解雇は、資本による労働者に対する殺人である。1枚の紙切れでもって労働者をモノのように使い捨てる解雇は絶対にゆるすわけにはいかない。国鉄1047名解雇撤回闘争と固く団結し、雇い止め解雇撤回まで闘いぬくことを宣言する。

(2)JRの契約社員制度こそ、JR東日本の検修業務の全面外注化、ライフサイクル制度による運転士の駅への配置転換と一体の制度であり、国鉄分割民営化から始まった労働者の9割を非正規雇用化していく攻撃である。第2の分割民営化攻撃と対決し、契約社員制度の廃止まで闘う。
現在、岡山駅は一般営業職(改札及びみどりの窓口)の4割が、非正規・有期雇用の契約社員である。最大5年で雇い止め。契約社員のほとんどが、20代の青年労働者であり、青年労働者を使い捨てにして未来を奪う、このような契約社員制度をただちに撤廃し、希望者全員を正社員に登用せよ。
5年間働いた労働者を解雇する一方で、新たな契約社員を募集するなどという制度に一片の正義性も合理性もない。唯一資本の利益のためにのみ、青年労働者を低賃金で搾取し、資本の下に支配していくことが目的である。
 早朝から夜間まで何日も連続する勤務、10分間という休憩室までの往復時間でしかない「休憩時間」などを理由に長時間拘束される勤務にもかかわらず、すさまじい低賃金で搾取する。さらに改札やみどりの窓口の接客態度を、外部企業に委託して覆面調査する「フロントサービス調査」は、業務遂行に支障をきたし職場の安全体制を破壊するものであり、労働者同士を分断し団結を破壊する。直ちに中止せよ。
 
(3)団結破壊を目的とした雇い止め解雇は絶対に許されない。最長5年の契約期間にまだ8ヶ月以上を残しての山田君への雇い止めの目的は、「契約社員制度の廃止」を訴えて闘う動労西日本副委員長の職場からの排除、労働組合に対する団結破壊である。
「勤務状況を勘案し契約を更新しない」などという理由で労働者が解雇されるならば、契約社員はJR西日本資本の思うままに解雇できることになる。実際に、「駅長推薦」というコネや勤務時間外の自費の通信教育などで「正社員になるために勉強しろ」などという競争が青年へ強制されている。過労による遅刻者に対しては、「岡山駅は遅刻が多いから気をつけろ」と人員削減による労働強化という自らの経営責任は棚にあげ、尼崎事故を引きおこした「日勤教育」と同様に、就業規則にもない「反省文」を何度も提出させるなどという労働者支配が横行している。
昨年11月5日付で山田君に出された「訓告処分」こそ、労働組合の正当な活動である、職場内ビラ配布を処分の対象とするという、JR西日本資本の雇い止め解雇の本当の目的が団結破壊そのものであることを自ら認めているものだ。動労西日本は、職場の青年労働者と団結し、雇い止め解雇の撤回まで断固として闘うことを宣言する。

 以上、申し入れる。

PageTop

【速報】動労西日本・山田副委員長への「雇い止め」=解雇通告弾劾!

 労働相談まどぐち
下のステッカー(またはmuscatunion@yahoo.co.jp)をクリックすれば労働相談メールフォーム入力画面に移動します。
     
     muscatunion@yahoo.co.jp
      
 本日(2月19日)、JR西本社が、動労西日本の山田副委員長に対して年度末での「雇い止め」=解雇を通告してきました!
 これまでもJR岡山支社は、山田副委員長の労働組合活動に対して不当な「処分」を乱発してきましたが、動労西日本が反撃のため岡山県労働委員会に訴える闘いを始めたので、「雇い止め」解雇という凶暴な攻撃にあえて踏み切ったのです。
 絶対にゆるしてはなりません!
 私たちマスカットユニオンも、動労西日本と連帯して直ちに全力で反撃を行ないます!
 21日(日)15時から岡山駅前で街頭宣伝をし、JR岡山支社までデモ行進をします。 
 山田さんを激励しましょう。――山田さんへの激励メールは、マスカットユニオンあてに送ってくだされば、山田さんの方に転送いたします。
 雇い止め解雇粉砕!団結の拡大で勝利しよう!


 デモの後、岡山市勤労者福祉センター(岡山市北区春日町5番6号)で、春闘集会を行います。

   2009.12.20 @2
マスカットユニオン第2回定期大会で、連帯のあいさつをする動労西日本の山田副委員長(2009年12月20日)。
   2009.12.20@   
   2009.12.20 @1
動労西日本のJR岡山支社包囲闘争に、マスカットユニオンも連帯して参加(2009年12月20日)。

PageTop

業務外注化阻止!2.13全国労者総決起集会に参加

 労働相談まどぐち
下のステッカー(またはmuscatunion@yahoo.co.jp)をクリックすれば労働相談メールフォーム入力画面に移動します。
     
     muscatunion@yahoo.co.jp
  
      2010- 2- 13-01
      代々木公園に翻るマスカットユニオンの組合旗(写真左)。

  2月13日、東京・代々木公園で、「国鉄1047名解雇撤回! 検修業務全面外注化阻止! 反合理化・運転保安確立!」を掲げた全国労働者総決起集会が開かれました(集会の呼びかけは、動労千葉、動労水戸、動労連帯高崎、動労西日本、動労千葉を支援する会の5団体)。全国から約1800人が結集し、呼びかけ団体の1つである動労西日本に連帯して、岡山からもマスカットユニオンの労働組合員10人が参加しました。
 呼びかけ団体の1つである動労千葉の田中委員長が
国鉄分割・民営化以降ありとあらゆる企業で分社化・子会社化、非正規職化の攻撃が吹き荒れてきている。それに反撃しなければいけないはずの労働組合が屈服してきた。この現状を何としても打ち破り、労働運動の新たな展望を切り開こう!」
と訴えました。
 集会の後、新宿にあるJR東日本本社に向けてデモを闘いました。業務外注化=労働者の使い捨てのさらなる促進に労働者の全員が怒りを覚え、シュプレヒコールの声が本社前でわきおこりました。
 岡山では、闘う動労西日本の山田副委員長を処分・圧迫するJR岡山支社に対し、労働者による反撃が組織されています。
 尼崎事故、伯備線事故を2度と起こさないためには、外注化を阻止し、闘う労働組合を再建することが絶対に必要です。

        2010-02-13
        現場労働者の団結した力だけが、世の中を変えることができる。          

PageTop

2.13全国労働者集会へ

 労働相談まどぐち
下のステッカー(またはmuscatunion@yahoo.co.jp)をクリックすれば労働相談メールフォーム入力画面に移動します。
     
     muscatunion@yahoo.co.jp

 動労千葉は2月1日早朝から全組合員が48時間のストライキを決行しました。
 労働者を使い捨てにする、鉄道職場の外注化を阻止するため、2月13日に東京で総決起集会がもたれます。
 私たちマスカットユニオンと動労西日本とは、これまでも岡山の闘う労働組合として固く握手してきました。
 岡山からも、当日勤務でない労働者はなるべくご参加ください(マスカットユニオンに連絡すれば交通費の負担はご心配なく、乗用車乗りあわせで行くことができます)。
 みんなで闘う労働組合の熱気を吸い込みましょう!
 
動労西日本 2009.12.20
12月20日、動労西日本(岡山)の山田和広副委員長を先頭に30人がJR西日本岡山支社包囲闘争に決起する。

検修業務全面外注化阻止!反合・運転保安確立!
国鉄1047名解雇撤回!
2・13全国労働者総決起集会

日  時  2010年2月13日(土)13時~
場  所  東京・代々木公園 B地区 野外ステージ
       (JR原宿駅から、徒歩7分)
       *集会後、JR東日本本社に向けてデモ行進
呼びかけ  動労千葉/動労水戸/動労連帯高崎/動労西日本/ 動労千葉を支援する会

PageTop

どうする?新米軍基地全国投票

 労働相談まどぐち
下のステッカー(またはmuscatunion@yahoo.co.jp)をクリックすれば労働相談メールフォーム入力画面に移動します。
     
     muscatunion@yahoo.co.jp


 アメリカは先の自公政権と交わした日米合意に従い、沖縄名護市沖に建設することを強く求めていますが、沖縄県民の多くは、民主党が前の衆議院選挙で掲げた県外移設という公約を守るよう求め、県内移設に強く反対しています。先日の名護市長選挙で移設反対派が勝利したことはその明確なあらわれです。鳩山首相は5月末までに移設先を決めると言っていますが、移設先に挙げられた地元ではどこも住民の反対が強く、選定は難航しています。
普天間基地「移設」をめぐって鳩山政権がぶれているなか、一般市民がこの問題をどのように見ているのかを調べるため、高山俊吉さん(弁護士)などが呼びかけて、全国各地で街頭シール投票を行います。
街頭に以下のように書かれた投票ボードを設置し、道行く人に投票してもらいます。
・・・・
普天間基地に代わる新米軍基地は

国内につくる 国内のどこにもつくらない わからない
沖縄県内 沖縄県外
・・・・


 投票期間は2月13日(土)から3月7日(日)です。
投票結果は政府、国会に届けます。ホームページの呼びかけ文、実施要領をご覧のうえ、ご参加くださいます方は
1 実施団体名
2 実施責任者名と連絡先(可能なら携帯番号)
3 実施場所
4 実施日、時間
をメールで z10hyo@yahoo.co.jp
へお知らせください。

ホームページ
どうする?新米軍基地 全国投票
http://sinbk.exblog.jp/

2010 01

 1月24日にテストケースとして行なわれた投票の結果

沖縄普天間基地に代わる新米軍基地は

 国内につくる 
   沖縄県内            18 (14%)
   沖縄以外の県           9 ( 7%)
 国内のどこにもつくらない      87 (65%)
 わからない             19 (14%)
    計               133


2010  02



PageTop