労働組合 岡山マスカットユニオン

倉敷で9・30岡山県労働者総決起集会が開かれました

   メール送信フォームをつくりましたので活用してください。

  労働相談まどぐち
muscatunion@yahoo.co.jp
お急ぎのかたは、お電話ください。
担当:Tel. 090・4693・4984
こちら↓のメール送信フォームを御利用ください。
http://form1.fc2.com/form/?id=463607

          マスカット模様
緊急速報:広島連帯ユニオンNTT関連支部の組合員が部署まるごとの廃止による解雇攻撃を受け、本日(9月30日)ストライキに決起しました。岡山からも連帯し支援していきましょう。
広島連帯ユニオン


  9月30日夕、倉敷労働会館で、マスカットユニオン副委員長、自治労倉敷委員長、動労西日本副委員長、岡山大学医学部職員組合・元書記長などでつくる実行委員会が主催の、9・30岡山県労働者総決起集会が開かれ、31人が参加しました。
  司会はマスカットユニオンの副委員長がつとめました。

倉敷の仲間がたちあがる。
2009年09月30日 倉敷労働会館

  広島から来られた動労西日本の大江照己委員長が、民主党-連合幹部(労働貴族)の政府にすがるような「政治解決」の道に一切期待せず、あくまでも労働者の団結した闘争によって国鉄1047名の解雇撤回を勝ち取ることを熱く訴えました。そして11月1日、6000人収容できる日比谷野外音楽堂に1万人集めようとよびかけました。
  「道州制に反対する、本日の集会をよびかけたことに、自治労岡山県本部が圧力をかけてきたが、360万人の首切りが予想される道州制・民営化を、自治体労働者の団結した反撃で阻止しよう!」と、自治労倉敷の委員長が訴えました。
 そして、動労西日本の副委員長になった岡山駅勤務の青年労働者が、闘いの決意を表明しました。
 まとめは、岡山大学医学部職員組合の元書記長が行ない、裁判員制度反対の戦いに参加することをよびかけました。
 最後に、団結ガンバローで集会が締めくくられました。
 平日にもかかわらず、マスカットユニオンの組合員が多く参加した集会でした。
  民主党政権との連立は村山政権の二の舞になるでしょう。しかし、私たちは本当の意味での闘いを忘れず進んでいきます。
  闘う労働組合を岡山県に広げましょう!


 

PageTop

民主党に臨検法案反対のFAXを!

 メール送信フォームをつくりましたので活用してください。
  労働相談まどぐち
muscatunion@yahoo.co.jp
お急ぎのかたは、お電話ください。
担当:Tel. 090・4693・4984
こちら↓のメール送信フォームを御利用ください。
http://form1.fc2.com/form/?id=463607

        マスカット模様
 MLからの転載です(転載・転送歓迎)。

 産経新聞記事にもあるように、民主党は北朝鮮船舶への臨検法案を次の国会に提出しようとしています。
 臨検は戦争挑発そのものです。いやしくも戦争に反対するというのであれば、こんなとき黙っていてはいけないのではないでしょうか。
 ぜひ臨検法案反対の声を民主党幹部に届けましょう。
 数が大切です。短くていいからぜひご協力をお願いします。
 参考までに私が送った文章を末尾に添えます。(やや長文ですが)
  
FAX送信先

鳩山由紀夫   03-3502-5295
菅 直人         3595-0090
小沢一郎        3503-0096
平野博文        3502-5025
岡田克也        3502-5047
北澤俊美        3503-3889
山岡賢次        3502-8855
輿石 東         3593-6710

民主党へも以下のHPから同文のメールを送ってください。
http://www.dpj.or.jp/header/form/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

民主党幹部のみなさま

 北朝鮮船舶に対する臨検法案の国会提出をしないでください。臨検はあからさまな戦争挑発であり、憲法違反です。
民主党は国連安保理決議を大義名分に成立を図ろうとしているようですが、そもそも、この決議は日本が最も熱心に働きかけて出させたものです。憲法違反の戦争挑発を強行するために、国連を利用することは許されません。
 民主党は国民の生活第一を掲げて、選挙で大勝しました。ならば戦争につながることは絶対にしないでください。なぜなら戦争は最大の生活破壊だからです。
臨検法案の国会提出は絶対にしないでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

産経新聞記事
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090917/stt0909170934013-n1.htm
貨物検査法案を臨時国会に-岡田外相
2009.9.17 09:32

 岡田克也外相は17日未明の記者会見で、国連安全保障理事会決議を受け北朝鮮関連船舶の貨物検査を可能にする貨物検査特別措置法案について「次の臨時国会で成立を目指す」と述べ、臨時国会に提出し成立を図る考えを明らかにした。同法案は麻生太郎政権が今年の通常国会に提出したが、衆院解散で廃案になった。岡田氏は会見で、法案は前政権が提出した内容をほぼ踏襲する考えを示唆した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PageTop

第5回マスカットデー報告

 メール送信フォームをつくりましたので活用してください。
  労働相談まどぐち
muscatunion@yahoo.co.jp
お急ぎのかたは、お電話ください。
担当:Tel. 090・4693・4984
こちら↓のメール送信フォームを御利用ください。
http://form1.fc2.com/form/?id=463607

       
 9月27日のマスカットデーは、午前7時半~9時半、大日本印刷の門前でビラまきをしました。そこで働いておられる方は、ほぼ100%車での出退勤なのですが、今回は車の窓を開けてビラを受け取ってくれる労働者が以前より増えたと思いました。100枚は配布できたのではないでしょうか?
 大日本印刷が通報したのだと思いますが、パトカーが門の中に入って行って、こちらを監視し始めたので、「組合の正当な解雇撤回要求の行動に警察権力を引き込むとは何事か!」と厳重抗議し、パトカーはこそこそと退散しました。

      大日本印刷で働く仲間に訴える。
   
 2009.09.27 01
      パトカーが来たので厳重に抗議する。
    2009.09.27 02


 午後は執行委員会と学習会が行なわれ、団体交渉2件について詰めの協議が行なわれました。
 11.1全国労働者集会をマスカットユニオンで団体賛同することが承認されました。
 民主党マニフェストの最低賃金1000円の速やかな実施を求める要望書の案が提案され、来年初め頃に提出する予定。審議会への要望、申し入れも来年の審議開始までに行なう方向です。
 学習会は団体交渉におけるポイントを労基法、派遣法などから抜粋し討論しました。
 組合員よりマスカットユニオンのキャラクターイラストのアイデアが提案されました。さらにデザイン案がいくつか出される予定です。

困難な課題も全て仲間と話しあって決める。
   2009.09.27  03


今後のスケジュール

9月30日(水)午後3時~ 山本真也さん(国労岡山地本)ちかん冤罪(えんざい)裁判・控訴審第1回公判(広島高裁岡山支部)
場所:広島高裁岡山支部1階 100号法廷(大法廷)―1審と同じ法廷です。

9月30日(水)岡山県労働者総決起集会(主催:実行委員会)
組合員の皆さん、ご参加ください。
午後6時半~8時 
場所:倉敷市労働会館

10月4日(日)裁判員制度反対の行動
(主催:裁判員制度はいらない!大運動・岡山)

午後2時~3時    街頭宣伝 岡山市表町商店街・天満屋アリスの広場前
午後3時~3時半  デモ行進 表町商店街


10月6日(火)午前8時~午後1時  裁判員裁判抗議行動
(主催:裁判員制度はいらない!大運動・岡山)
場所:岡山地方裁判所前


10月15日(木)マスカットユニオン執行委員会 
午後6時10分~午後8時 
 (同日午後5時~6時 とめよう戦争!木曜日行動@岡山駅東口/ビックカメラ前もあり。)

10月19日(月)午後6時半~8時 動労千葉との交流会
場所:岡山国際交流センター5階第3会議室

10月25日(日)第6回マスカットデー
組合員の皆さん、ご参加ください。
午後1時~3時  街頭宣伝(11.1集会参加をよびかけ)岡山駅前
午後3時10分~5時 会議・学習会 奉還町りぶら

11月1日(日)全国労働者総決起集会
皆さん、ぜひご一緒に。
場所:東京・日比谷野外音楽堂 

11月26日(木)午後1時10分 安東先生裁判・控訴審判決言い渡し
場所:岡山地裁ビル2階 201号法廷(高裁法廷)

PageTop

鳩山連立政権の政治倫理は早々と地におちた

 メール送信フォームをつくりました。
  労働相談まどぐち
muscatunion@yahoo.co.jp
お急ぎのかたは、お電話ください。
担当:Tel. 090・4693・4984
こちら↓のメール送信フォームを御利用ください。
http://form1.fc2.com/form/?id=463607


 鳩山連立政権の政治倫理は早々と地におちてしまいました。
 汚職政治家・鈴木宗男(有罪判決を受け上告中)を衆議院外務委員長に就けました。
 民主党や社会民主党が「鈴木宗男は潔白である」と、前々から主張していたのであれば、まだ筋が通っているでしょう。しかし、民主党も社民党も、7年前は彼を告発する側でした。鈴木宗男衆院議員の辞職勧告決議までしました。両党がその立場を公式に撤回したという話は聞いたことがありません。
  「推定無罪の原則」を理由に外務委員長就任が正当化されるのであれば、「政治家、高級官僚に(一般人よりも)厳しいモラルを課する必要は無い」ということになります。
  このこと自体、労働者大衆へのとてつもない侮辱であり、政治的立場以前に、人間としてのモラルの感覚が壊れているとしかおもえません。 

  (まだあまり知られていない社会問題ですが)これを許した背景のひとつには、今まで「労働者の味方」面してきた「左派」ジャーナリストにも生じてきている腐った風潮―1)「国策捜査」というレトリックでもって汚職政治家(松崎明らのJR総連幹部もふくむ)を意図的に擁護する。2)知的装いさえあれば反動・極右とも野合する。3)国家権力によるスパイ活動を「インテリジェンス」といって賞賛することで平和尊重(どこの国とも戦争しないことが前提である憲法)の価値観を掘り崩す。―があります。

 特にグロテスクなのは、かつてあれほど声高に鈴木宗男を「疑惑の総合商社」とよんで糾弾してきたのに、派遣村で鈴木宗男と握手している社民党代議士です(社会民主党に投票、選挙応援した労働者を非難しているのではありません。また、国会議員として雇用問題にとりくむための協力関係そのものを、ここで問題にしているのではありません。その社民党代議士の、労働者大衆を侮った態度とポーズについて心底怒りを感じているのです)。
 労働者は汚職政治家に恵んでもらうような存在ではありません。 
  これからは、階級闘争ぬきの「反貧困」「反格差社会」というものが喧伝され、労働組合を惑わし続けようとするでしょう。 
  鳩山連立政権は労働者によってただちに打倒されるべきです!

朝日新聞記事
http://www.asahi.com/politics/update/0919/TKY200909180376.html
「被告人が委員長か」自民は反発 「宗男委員長」で混乱
2009年9月19日22時37分

衆議院の外務委員長に18日、受託収賄などの罪に問われている鈴木宗男議員(新党大地)が就任した。自民党などが反発。外交の表舞台への「復活」は、異例の起立採決で決まった。本人はやる気満々だ。

 この日の議院運営委員会は荒れた。「刑事被告人が委員長になったことはない。衆院の倫理観が問われる」。自民党が口火を切ると、公明党は過去に鈴木議員の辞職勧告が全会一致で決議されたことを持ち出した。対する民主、社民両党は「推定無罪」の立場を通した。押し切られた側からは「数の横暴だ」と恨み節も漏れた。

 「司法は司法の判断。立法府は立法府の判断があっていい」「鳩山総理から北方領土を頼みますよと声を掛けていただきました」。鈴木議員は報道陣に滑らかに語った。

 一連の捜査で罪に問われ、今年7月に有罪が確定して失職した佐藤優・外務省元主任分析官からは、電話で「先生、ついにチャンスが来ました」と励まされたという。議員会館の部屋には、多数の外務省幹部があいさつに来た。

 受託収賄やあっせん収賄など四つの罪に問われる鈴木議員は「国策捜査だ」と批判し、最高裁に上告中だ。実刑判決が確定すれば収監され、失職する。

 「特捜検察の闇」などの著書がある魚住昭さんは「鈴木氏をめぐる捜査への国民の疑念は膨らんでおり、選挙でも大量の票を得て当選している。委員長就任にも多くの人は違和感を持たないのではないか」という。

 一方、京都大大学院の新川敏光教授(政治学)は「総選挙で民主が北海道で圧勝したのは鈴木氏の力も大きく、論功行賞的と感じる。外交での利益誘導という、政治家としてすべきではないことをしたのは事実で、理解できない人事だ」と批判する。

PageTop

裁判員制度を廃止しよう!高松行動

 メール送信フォームをつくりました。
  労働相談まどぐち
muscatunion@yahoo.co.jp
お急ぎのかたは、お電話ください。
担当:Tel. 090・4693・4984
こちら↓のメール送信フォームを御利用ください。
http://form1.fc2.com/form/?id=463607



 9月15日(火曜)、高松地裁で最初の裁判員裁判が行われました。
 香川県、徳島県、岡山県から集まった「裁判員制度はいらない!大運動・中四国」のメンバー7人が、朝8時半から午後1時の間、裁判所前で裁判員制度廃止を訴えて抗議行動をしました。
 朝からマスコミ関係者がごったがえす裁判所前で、次から次に取材を受けました。
 岡山からはマスカットユニオンの組合員も瀬戸大橋を渡って参加しました。
 大運動・中四国代表がマイクをもち、
「(早く家に帰りたい)裁判員の都合によって、裁判が簡略化され、裁判の命である真実の追究がおろそかにされるようになります。今まで以上に冤罪が生まれます。裁判員制度で日本の裁判が良くなることは有り得ません。」と訴えました。
 国家政策に労働者市民を強制的に動員するような制度は、戦後憲法下ではおそらく、裁判員制度が初めてといえるでしょう。
 人を裁きたくない人間を裁判員として強制的に動員する「現代の赤紙(徴兵制)」(逆に、「人を裁きたい」人間が裁判員になるのも有害です)は、裁判員を拒否する声が上がれば必ず廃止できます。
 岡山市では10月4日(日)に裁判員制度反対のデモが、10月6日(火)には岡山地裁で行われる裁判員裁判反対への抗議行動が予定されております。


――――――――
10月4日(日)午後2時~ 裁判員制度反対の街頭宣伝、デモ(午後3時出発)
場所:岡山市・表町商店街/天満屋アリスの広場前

10月6日(火)午前8時~昼頃 裁判員裁判反対の宣伝
場所:岡山地方裁判所前
――――――――



朝からマスコミ関係者がごったがえす高松地方裁判所前9月15日高松写真01
9月15日高松写真02
9月15日高松写真03
9月15日高松写真04


四国新聞記事
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/article.aspx?id=20090916000072

「裁判員制度廃止を」/反対派が抗議
2009/09/16 09:05

活動を行ったのは、市民や学生らでつくる「裁判員制度はいらない!大運動 中四国」のメンバー7人。午前9時前から「いらない!裁判員制度」と書いたのぼりなどを掲げ、歩行者らにビラ千枚を配った。

 代表を務める野田隆三郎岡山大名誉教授(72)は「市民が参加しなくても、裁判官が工夫すれば分かりやすい裁判はできる。審理の簡略化は、裁判の命である真実の追求をおろそかにする」と批判。香川県善通寺市内の男性(52)は「国民に司法への参加を押しつける制度には絶対反対」と訴えた。


裁判員制度の廃止を求め、抗議活動を行う市民グループ=高松地裁前四国新聞



PageTop

派遣労働者の声


  労働相談まどぐち
muscatunion@yahoo.co.jp
お急ぎのかたは、お電話ください。
担当:Tel. 090・4693・4984
こちら↓のメール送信フォームを御利用ください。
http://form1.fc2.com/form/?id=463607


 マスカットユニオンの組合員である派遣労働者からの訴えです。
 派遣労働者など、怒っているワーキングプアーの仲間は、私たちマスカットユニオンといっしょに闘いましょう。

――――――――――――――

 私はこれまで、グッドウィルはじめ派遣会社と闘ってきました。

1:グッドウィル 2年前、東京のグッドウィルユニオンによってデータ装備費という不透明な搾取が大変問題になりました。私はこれより以前から当時の社長・神野彰史に、「データ装備費」以外に会社の運営に違法行為があることなどについて抗議文を送り追及してきました。そして、本社から一部の期間を除く金額を返還させました。このことは当時、『週刊プレイボーイ』(2007 年8月6 日号)で「スクープ!グッドウィル『データ装備費』2年以上コッソリ返していた!」の題名で記事になりましたので、ご存じの方もいるかもと思います。

2:日研総業 派遣法で禁止(努力義務)されている、派遣労働者を特定する行為を行っているのが日研総業です。日研総業の法務部との話し合いの中で会社は「派遣労働者を第一に考えている」と言いましたが、昨年の秋葉原事件の容疑者は元日研総業の派遣労働者であり、昨年末の派遣切りを行ったのも日研総業でした。これが「派遣労働者第一に考えている」という会社の実態です。また、会社は「日研総業は偽装請負はしていない」と大嘘をついています。

3:ワークスタッフ 同社もスポット派遣(日雇い派遣)を行っていますが、労働基準法で決められた週40時間超えの労働をした場合の時間外手当ての支払いをしていませんでした。私はワークスタッフ本社に請求をして末払い分の時間外手当の支払いをさせました。
 そのときの文書を見たワークスタッフ岡山営業所の所長・小沢は「そんなことを何で知っているの!?」と言ってきました。これは同社を含む派遣業界全体を代表する発言です。「派遣労働者はどうせ法律なんか知らない。違法行為をしても分からないからどんどんやる」───これが派遣会社の本音なのです。

以降、何社かの派遣会社で短期で働いていますが、まだまだ派遣会社の違法行為は続いています。 私は、マスカットユニオンと共に闘い抜きます!
 派遣会社に不満、不服がある方、共に闘いましょう。

 (マスカットユニオンの組合員がつくったホームページです↓)

派遣会社との戦い
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=norkou

――――――――――――――


『週刊プレイボーイ』(2007 年8月6 日号)に
「スクープ!グッドウィル『データ装備費』2年以上コッソリ返していた!」の題名の記事が掲載された。

『週刊プレーボーイ』 2007.08.06


PageTop

労働者が闘わないかぎり、政権交代しても何ひとつ変わらない!―第4回マスカットデー


 8月30日(日曜)は総選挙の投票日ですが、マスカットユニオンは午前中、岡山駅前で街頭宣伝をしました。最低賃金引き上げを拒否(=労働者を侮るような、たった「1円」の値上げ!)した岡山地方最低賃金審議会、岡山労働局を怒りでもって糾弾しました。
 マスカットユニオン組合員である派遣労働者の仲間がマイクをもち、グッドウィルをはじめとする派遣会社の悪逆非道を訴えました。それを聞き、同じような立場にあるという労働者が話しかけてこられました。
 民主党に政権交代しても、労働者が闘わないかぎり何ひとつ変わらないことを、選挙に行く人々に強く訴えました。
 

労働者が闘わないかぎり、政権交代しても何ひとつ変わらない!
 2009.08.29

 午後は(前回に引続き)派遣法の問題について学習会がおこなわれました。討論のなかで、「労働者的な法解釈と判例をこそ、打ち出せるようでなければならない」という意見がわきでました。
 会議では、(1)2件の団体交渉について、詰めの会議を継続して行うこと。(2)最低賃金闘争について、今後も継続して行うこと。(3)9月30日の倉敷労働者集会に参加すること。(4)労使の力関係を変えるまで岡山中央郵便局前での宣伝闘争をこれからも継続して行ない、(当局からいってきた)団体交渉委員を(不当にも!)2人だけに制限するという条件では、団交を行わないこと。―などが確認されました。

9月13日(日)午後6時~ マスカットユニオン執行委員会

9月18日(金)午後1時30分~ 井本さん(郵倉労)不当配転裁判
場所:岡山地裁倉敷支部 

9月25日(金)午後1時30分~ ゆうメイト萩原さん裁判公判
場所:岡山地裁206号法廷

9月27日(日)午後1時~5時 第5回マスカットデー 
場所:岡山市勤労者福祉センター
(午前中の街頭宣伝は行いません。)

9月29日(火)午後7時~8時30分 山本真也さん(国労岡山地本)ちかん冤罪(えんざい)裁判の逆転無罪に向けた決起集会
場所:岡山国際交流センター8階 イベントホール

9月30日(水)午後3時~ 山本真也さん(国労岡山地本)ちかん冤罪(えんざい)裁判・控訴審第1回公判(広島高裁岡山支部)
場所:広島高裁岡山支部1階 100号法廷(大法廷)―1審と同じ法廷です。

9月30日(水)午後6時30分~8時 岡山県労働者総決起集会 
場所:倉敷労働会館

10月4日(日)午後2時~ 裁判員制度反対の街頭宣伝、デモ(午後3時出発)
場所:岡山市・表町商店街/天満屋アリスの広場前

10月6日(火)午前8時~昼頃 裁判員裁判反対の宣伝
場所:岡山地方裁判所前


11月1日(日) 11月労働者集会 
東京・日比谷野外音楽堂

11月26日(木)午後1時10分 安東先生裁判控訴審判決言い渡し
場所:岡山地裁ビル2階 201号法廷(高裁法廷)

PageTop

岡山中央郵便局前闘争1周年!


 政権交代/民主党中心の連立政権成立でも、郵政労働者への強制配転攻撃がされることに変わりはないでしょう。
 しばらくの間は蜜月(みつげつ)期間が演じられるでしょうが、はっきりしているのは、連立政権に参加しているいずれの政党も私たち下積みの労働者を代表する勢力ではないこと、そして、私たち労働組合がもっともっと強力に闘いの火を起こさないかぎり、働く仲間にとっては苦難が続くことです。
 9月2日マスカットユニオンは、岡山中央郵便局前で早朝の宣伝を行ないました。
 8月末日は、ゆうメイトのマスカットユニオン組合員が雇い止め⇒懲戒解雇されて1周年という日です。
 8月末で雇い止めにされる仲間は岡山中央郵便局にも多くいます。
 あきらめと疲れを知らぬ、私たちの連続した闘いに対し、岡山支店は最近、団体交渉に応じると伝えてきましたが、しかしそれは、労働組合側の団交委員を2人に制限するという高圧的な態度であったので、マスカットユニオンとしては、そのような不当に制限された条件のもとでの団交には応じられないと、きめました(8月30日の執行委員会)。
 私たち労働者が闘う土俵はあくまでも、労働者がつくるのです。会社、経営者ではありません。
 会社を追い詰める力関係を切り開くべく、これからも闘い続けます。

 2009.09.02配布ビラ
  930岡山労働者総決起集会
  930岡山労働者総決起集会2

あきらめないかぎり、負けることはありえない。
  2009.09.02 01
  2009.09.02 02
  2009.09.02 03


PageTop