労働組合 岡山マスカットユニオン

マスカットユニオンが岡山地方最低賃金審議会の答申に異議申し立て

   山陽新聞 2009.08.28 33p    
          山陽新聞 2009.08.28 33p

 岡山労働局は8月27日、県内の1時間当たりの最低賃金をわずかに「1円(!)」引き上げ、670円にすると発表しました(昨年度は11円の引き上げ)。
 マスカットユニオンの組合員5名が8月25日に労働局を訪れ異議申立書を読み上げ、この「ワーキングプアー」の時世に最低賃金を事実上全く引き上げないとは断じてゆるせない!と抗議しました。
 県内の最低賃金の答申を行う岡山地方最低賃金審議会は(最初の1回目だけを除き)審議を一切秘密にしています。政権与党となることが確実な勢いの民主党は、「時給1000円(全国平均)の最低賃金を目指します」との公約(マニフェスト)を掲げていますが、これすらも、私たち労働者が黙っていて実現されることはありえません。民主党には公約を守るよう迫っていきましょう!

審議を非公開にし貧しい労働者の声を全く反映していない最低賃金審議会に抗議    
   2009年08月25日

山陽新聞記事
http://svr.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2009082723194994/
岡山県内最低賃金670円に 岡山労働局1円引き上げ

 岡山労働局は27日、県内の1時間当たりの最低賃金を現在より1円引き上げ、670円にすると発表した。10月8日から適用される。改定は11円引き上げた昨年9月以来。

 中央最低賃金審議会が、最低賃金で働く人の収入が生活保護の給付水準を下回る「逆転」が起きていない岡山など35県について「現行水準の維持を基本」としたことなどを受け、岡山地方最低賃金審議会は11日、岡山労働局長に1円の引き上げを答申していた。

 15日間の公示期間中、県労会議と県内の非正規労働者でつくる岡山マスカットユニオンが「答申額は低すぎる」として異議を申し立てていた。

                                       (8/28 1:00)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                  2009年8月25日

岡山労働局長 大崎眞一郎殿

   岡山県最低賃金の改正決定に係わる異議申立


           労働組合 岡山マスカットユニオン


 「岡山県最低賃金の改正決定に係わる岡山地方最低賃金審議会の意見の要旨」の公示がありましたので、労働組合岡山マスカットユニオンは、以下のとおり異議の申立をおこないます。

                 記

1.岡山地方最低賃金審議会が今年度の引き上げ額を 1 円とし、県内労働者に適用される最低賃金時間額を 「1時間670 円」としたことには不服であり、より大幅な引き上げを求めます。
2.最低賃金について、少なくとも1時間1500円以上に改定、もしくは、公課負担(税・社会保険料)を差し引いても、すべての労働者が手取りで1200円以上の可処分所得が得られるようにすること。
3.審議会及び専門部会の全面公開、意見の聴取のための公聴会開催、議事録の全面公開等、開かれた審議会の運営に改めること。

異議の理由

1.現行最低賃金が憲法25条の「健康で文化的な最低限度の生活」を保障するものでないことは明白である。ワーキングプアー層の経済・生活状況等を考慮すれば、わずか1円の引き上げ額にとどめたことは極めて不当である。
2.中央最低賃金審議会の(岡山県など)「35県で現行水準の維持」に対し、岡山地方最低賃金審議会が事実上、一方的に同調したことは、労働者の声を無視したものといわざるを得ない。
3.ワーキングプアー層の労働者と関わる機会が比較的多い合同・一般労組の代表者が、岡山地方最低賃金審議会の労働者代表委員として選任されていない。また、審議の多くは非公開にされている。最低賃金の額が生活上の切実な問題として関わってくるワーキングプアー層の声を事実上全く反映していない、現在の最低賃金審議会の運営方法は是正される必要がある。

PageTop

2人の「竹」に「×」をつけよう!―最高裁判所の裁判官を辞めさせよう!


 8月30日投票の総選挙と同時に、最高裁判所裁判官の「国民審査」が行われます(最高裁判所裁判官は政府に任命されます)。
 悪質な裁判官には「×」をつけて辞めさせましょう!
 ただし、現行の「国民審査」には問題が多く、「×」印以外に何も書かないと「信任」したことになります。
 今回は9人の裁判官が「国民審査」の対象となります。
 なかでも特に悪質な2人の裁判官―2人の「竹」には「×」をつけましょう!

小泉政権下で外務事務次官として自衛隊のイラク派兵を進めた竹内行夫(たけうち・ゆきお)裁判官。
竹内行夫(たけうち・ゆきお)

裁判員制度導入に積極的役割を果たした竹崎博允(たけさき・ひろのぶ)・最高裁判所長官。
竹崎博允(たけさき・ひろのぶ)

 この2人の裁判官には「×」をつけて辞めさせましょう!

PageTop

日本政府は在日朝鮮人の郵便物禁止を凶行!絶対に許すな!


 最近、経済産業省は2009年6月16日の政府閣議決定に基づき、朝鮮共和国に対する新たな「制裁」措置の一環として「輸出貿易管理令等の改正により北朝鮮を仕向地(発送先)とするすべての品目の輸出を禁止する等の措置を講」ずることにより、在日朝鮮人の人びとが朝鮮に送ろうとする郵便物や、生活必需品などの小荷物をも送れないようにしています。
 これは、「拉致、核、ミサイル」を前面に押し出した日本政府による敵視政策の延長で、その実行範囲がついに人道的領域にまで及んだ点でより深刻であり、無法(反人道)な措置として厳しく非難されなければなりません。

MLからの転載です。

 経済産業省が正式に発表した追加制裁の内容は以下の通りです。
 (同省ホームページより
① 北朝鮮を仕向地とするすべての貨物について、経済産業大臣の輸出承認義務を課すことにより、輸出を禁止する。(輸出貿易管理令第2条第1項第1号の2関連等の改正)
② 北朝鮮を仕向地とする第三国からの貨物の移動を伴う貨物の売買に関する取引(仲介貿易取引)について、経済産業大臣の許可義務を課すことにより、仲介貿易取引を禁止する。(外国為替令第18条第3項の経済産業大臣が指定する役務取引等(告示)の改正)
③ 上記の措置のうち、人道目的等に該当するものについては、措置の例外として取り扱うものとする。
④ 上記の措置は、平成21年6月18日から平成22年4月13日までの間、実施するものとする。

 朝鮮総聯中央本部によれば、税関当局は、「朝鮮新報」をはじめ朝鮮総聯の各機関や在日同胞、日本の連帯団体などが共和国に郵送している郵便物や小荷物について「6月18日から実施されている輸出禁止措置の対象である『北朝鮮を目的地とする貨物』に該当するので輸出できないと経済産業省から指示があった。」と明かし、不当にも依頼者に送り返しています。
 例えば埼玉県在住の4名の在日同胞が、祖国の家族や親戚に食料や衣類などの生活必需品を今までどおり郵便局を通じて送ろうとしたところ、1名は郵便局から申請を拒絶され、2名は申請を受理されたが税関で拒絶された後荷物が送り返された。残る1名については未だに荷物が税関で検査中だということです。京都府では、ある同胞が郵便局で、また別の同胞は税関で拒否され、祖国の家族、親戚らに荷物を送れずにいます。
 また、共和国の国際文化交流センターで開催される「在日同胞書芸展」に出展しようと高麗書芸研究会員が作品20編を国際郵便で送ろうとしたところ、税関にて拒絶、返還され、同会員3名の個人的な荷物も税関から返還されてしまいました。
 朝鮮新報社(東京)は、「朝鮮新報」やパンフレットなどを6月17日以降も従来どおり郵便局を通じて共和国に送ろうとしたが、経済産業省貿易管理課の指示で送れないとの理由を7月4日(土)になってはじめて税関当局から朝鮮新報社に通知されたのです。それらの荷物は東京税関東京外郵出張所特別通関部門で規制されているようです。
 その他、学術関係の諸団体が共和国に送る資料や、部落解放同盟の「解放新聞」、アイ女性会議の「女のしんぶん」、小川町企画の雑誌「社会評論」、新社会党の新聞「週刊新社会」などを入れた郵便物も送り返されています。(7月22日現在の資料より)

 日本当局は人道目的などに該当するものについては措置の例外とするとしながら、国際法や日本国憲法も完全に無視し、通信の自由までも剥奪するという人権蹂躙行為を犯し続けている。先の国連安保理決議1874(6月12日)でさえもその17項や19項で、制裁実施にあたっては人道的目的の場合は除くとしています。郵便物や小荷物の送付は、経済産業省が禁止する「貨物の輸出」に該当せず、これを禁止することは極めて不当な人権侵害です。もちろん中身の検閲が行われていることは想像に難くありません。
 日本政府はこのような人道上極めて問題のある「制裁」を一日も早く解除し、2002年に両首脳が署名した「日朝ピョンヤン宣言」にのっとり、「制裁」ではなく対話で国交正常化へと誠実に動き出すべきであります。

※注:一般的に「貨物の輸出」とは、手荷物や小荷物とは区別される貿易用語で、輸送を必要とする商品(財貨)を販売目的で国内から外国へ送り出すことをいう。



経済産業省、内閣府へ抗議する場合は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●経済産業省 貿易経済協力局 貿易管理部 貿易管理課
 直通電話 : 03-3501-0538
 直通FAX : 03-3501-5896
 Eメール : qqfcbj@meti.go.jp

●経済産業省
 03-3501-1511

●内閣府
 03-5253-2111

ーーーーーーーーーーーーーー

みなさんもぜひFAXやメールを送ってください。
これ以上日本政府の悪乗りを許してはなりません。


経済産業省 貿易管理課御中
2009.7.27

対話で平和を!日朝関係を考える神戸ネットワーク

 朝鮮民主主義人民共和国への通信妨害について

貴省が、さる6月26日の閣議決定にもとづいて、在日朝鮮人が朝鮮民主主義人民共和国(以下朝鮮と略)の家族に送る生活必需品や朝鮮総連や日本の民主団体がおくる新聞などの郵便物の発送を止めていることを聞き、驚いている。これらの行為は、先に決定された朝鮮への追加制裁の中で朝鮮への貨物の売買に経済産業大臣の許可義務を負わせたことによるものだが、家族に生活必需品を送ることがなぜ貿易になるのか?新聞や通信を資料提供のために送ることがなぜ貿易になるのか?
越権行為も甚だしい!6月12日の国連安保理決議でも、制裁は人道的目的の場合を除外するとしているし、日本政府も人道目的の場合を除外するとしている。即刻このような日本国憲法が保障する通信の自由を損なう行為をやめなさい!

PageTop

国鉄1047名の解雇を撤回せよ!―動労西日本が岡山駅前で情宣



 国鉄1047名の解雇を撤回させよう!
 8月21日(金曜)、動労西日本は、JR岡山駅前で情宣を行いました。
 巨悪ともいうべき国家的不当労働行為=国鉄1047名の首切りを許さない!
 マスカットユニオンの組合員もビラ配りに加勢しました。
 

 圧制、横暴、迫害に屈することなく闘い続ける国鉄労働者にマスカットユニオンも加勢する。 
2009.08.21 012009.08.21 02






PageTop

岡山県最低賃金改定―たった「1円」上げただけの「1時間 670円」―ゆるせん!ワーキングプアーへの虐殺行為!



 昨日=8月11日にだされた岡山県最低賃金の目安額は、現在時給669円のところを、なんと!たった1円あげただけの「1時間 670円」です。
 ゆるせん!
 これは、ワーキングプアーへの虐殺行為です!
 8月26日までに岡山労働局長(大崎眞一郎)あてに、「異議の内容及び理由を記載した異議申出書」を提出できます。
 怒りの糾弾を集中させましょう!
 その翌日の、8月27日に労働局長が岡山県の最低賃金を決定するでしょう。マスコミはそのときだけ取材に来て報道するでしょう。
 岡山労働局の担当者に聞いてみたところ、目安額のだされた昨日(=8月11日)、マスコミは全く取材に来なかったとのことです。
 全(すべ)てが決まるまで、最低賃金に関する労働者人民の関心を封じていること自体問題です。
 最低賃金はワーキングプアーにとっての死活問題です。
 労働者の命をなんとも思わぬ、最低賃金引き上げの拒否を、マスカットユニオンは徹底的に糾弾します。
 

PageTop

田母神ゆるさん!8.6広島大行動



 日本の核武装を扇動するため、田母神が8月6日、広島で講演をしました!
 労働者は田母神を絶対にゆるさない!
 田母神講演会場前に集まった労働者が、怒りの弾劾行動を行いました。
 マスカットユニオンは、全国の仲間たちといっしょに8.6広島大行動に参加しました。
 岡山からはおよそ30名が参加し、侵略戦争に二度と加担しないと、誓いを新たにしました。
 労働者は、アメリカ・オバマによる「核の傘」も、日本の核武装も拒否します。 
  オバマ大統領を理想化するのは止めるべきです!私たち労働者がはっきりさせておくべきは、核兵器廃絶はオバマ頼みでは実現しないということです。
 核もちこみの密約を暴露する最近のマスコミ報道も、おそらくは、アメリカの核持ち込みを既成事実として馴らしてしまうことが目的です。
 今後、政府・マスコミによって、「アメリカによる核の傘」か「日本自前の核武装」かという<二者択一>が、私たちに突きつけられてくるでしょうが、労働者は団結と確信をもって、これに断固ノー!と言いましょう!


 
 

労働者は侵略戦争を二度と許さない!
2009.08.06 01
2009.08.06 02
核武装扇動する田母神の講演会場に、怒りのシュプレヒコールをあげる。
tamogami04
tamogami04
右端に翻っているマスカットユニオンの組合旗
2009.08.06 tamogami01
極右ファシストの街宣車が襲撃してきたものの、労働者の怒りによって撃退される。
2009.08.06 tamogami02

PageTop

裁判員裁判の開始強行に抗議


 8月3日の、最初の裁判員裁判開始に抗議する街頭宣伝を行ないました。マスカットユニオンの組合員も参加しました。
 裁判員制度は現代日本版の徴兵制です。絶対に中止しなければなりません。
 

   8月2日 表町商店街で
2009.08.02 012009.08.02 02

8月3日 岡山駅東口・ビックカメラ前で
2009.08.03


PageTop