FC2ブログ
 

労働組合 岡山マスカットユニオン

声明 関西生コン支部への不当極まる弾圧に抗議する

   声明 関西生コン支部への不当極まる弾圧に抗議する


9月18日、大阪府警警備部は全日本建設運輸連帯労働組合関西生コン支部の組合員16人を「威力業務妨害」「強要未遂」をでっち上げて一斉に逮捕した。また、同日、大津地検は8月に逮捕されていた武建一委員長ら3人を起訴した。20人もの組合員が逮捕・勾留されるという不当極まる弾圧を、われわれ岡山マスカットユニオンは絶対に許さない。

今回の関西生コン支部弾圧は、産別労働運動を掲げ、原則的にたたかう労働組合に対する許しがたい弾圧だ。ストライキを「威力業務妨害」、交渉や説得を「強要」だといいなすことは、正当な労働組合の活動をすべて組織犯罪とみなすということだ。これはまさに共謀罪弾圧だ。
 
この弾圧は、大企業の収奪とたたかい、沖縄基地撤去、原発再稼働阻止、戦争法・共謀罪阻止、憲法改悪反対を求め、安倍内閣と真正面からたたかう労働組合への弾圧にほかならない。かつても侵略戦争は労働組合つぶしから始まっていった。その轍を絶対に踏まない決意を込めて、関西生コン支部への弾圧に断固として抗議する。

この弾圧が示すものは、合同・一般労働組合であるわれわれにとっても死活のかかった絶対にあいまいにしてはならないものだ。たたかう労働組合をつぶし、労働組合から労働三権を奪い、産業報国会にしてゆく攻撃との最前線のたたかいでもある。20人もの逮捕に屈せず、烈々たる闘志を燃やしてたたかい抜く関西生コン支部と連帯して、この弾圧を粉砕することを誓う。
ともにたたかおう!

  2018年10月7日
  労働組合岡山マスカットユニオン執行委員会

PageTop

アメリカ海兵隊日本原単独訓練の初日に抗議行動


 10月7日(日)、アメリカ海兵隊日本原単独訓練の初日、抗議行動にマスカットユニオンの仲間も参加しました。岡山と山陰から仲間が集まり、自衛隊日本原駐屯地に抗議しました。
 海兵隊は、午前から午後にかけて、三々五々日本原に到着しました。 
 朝鮮、アジアへの侵略戦争を絶対に許さず、労働組合が闘う時は今です。
2018-10-07-01
2018-10-07-02


  電話での労働相談まどぐち Tel. 090・4693・4984
下のステッカー(またはmuscatunion@yahoo.co.jp)をクリックすれば労働相談メールフォーム入力画面に移動します。


PageTop

【速報】9月30日の日本原現地集会は台風のため中止となりました。

 9月30日の日本原現地集会は台風のため中止となりました。


相談は無料です!労働相談はマスカットユニオンに

  電話での労働相談まどぐち Tel. 090・4693・4984
下のステッカー(またはmuscatunion@yahoo.co.jp)をクリックすれば労働相談メールフォーム入力画面に移動します。



マスカットユニオンでは、無期転換の相談を承っております。無期転換直前の「雇い止め」などを許さない闘いを拡げていきましょう。

無期転換問題・東京連絡会のホットラインのホームページ
https://www.mukitenkan.work/
全国協議会のブログから
無期転換問題・東京連絡会のホットラインへ相談を
https://www.godoroso-zenkokukyou.org/grz/?p=5246


PageTop

日本原での海兵隊単独訓練を阻止しよう! 改憲・戦争絶対反対!

安倍政権は、10月の臨時国会で改憲を発議し、朝鮮侵略戦争に突き進もうとしています。
日本原演習場では、10月7~20日に米海兵隊の単独訓練が強行されようとしています。広島県北部の安芸太田町などでは、米軍機の低空飛行訓練が続いています。今回の日本原での訓練は、米軍岩国基地の強化と一体のものです。
「侵略戦争を二度と繰り返すな!」と闘われてきた反戦・反核闘争を強め、改憲・戦争阻止の闘いを職場・地域から作りだしていきましょう。

以下のリンクから、ビラ(PDFファイル)をダウンロードできます。
https://www.dropbox.com/s/fycs47jd4iuk8z1/20180920nihonbaratosobira.pdf?dl=0
予定
●9月30日(日)11:00 日本原現地集会 台風のため中止
主催:日本原共闘会議
※デモはありません

●10月7日(日)13:00
演習場内立入禁止に対する抗議行動
主催:改憲・戦争阻止!大行進・岡山

●10月21日(日)
9:00 日本原演習場内耕作地収穫祭
15:00 岡山駅前集合
15:30 国際反戦デー岡山市内デモ出発


^^^^^^^^^^^^^^^
山陽新聞記事
http://www.sanyonews.jp/article/792503
米軍日本原単独訓練の概要決まる 延べ300人で3種実施

10月に予定されている陸上自衛隊日本原演習場(岡山県奈義町、津山市)で初となる米海兵隊単独訓練について、仲介役の中国四国防衛局(広島市)は21日、概要を明らかにした。実施日は7~20日の14日間で、延べ約300人が参加。射撃、ヘリパッド敷設、浄水の訓練が実施される見通し。

 両市町がそれぞれ設けている演習場対策委員会が開かれ、同防衛局の本多宏光企画部長が説明した。米軍は7日午後、陸路で演習場に入り、9~12日にマシンガンを用いた射撃訓練、13~17日にヘリコプターの離着陸スペース確保の訓練と、飲料水などを作る浄水訓練に当たる。18日以降は撤収準備を行い、20日に演習場を離れるという。

 訓練は米軍岩国基地(山口県岩国市)所属の後方支援部隊が実施。初日に150人程度が訪れ、20日までに延べ約300人、車両延べ約80台が参加する。ヘリコプターの使用はない。

 住民要望などを受け、米軍は日本原駐屯地(同町滝本)のグラウンドにテントを張って宿営。同防衛局は十数人が24時間態勢で、米軍や自治体との連絡調整に当たり、夜間に巡回する。

 単独訓練を巡っては、昨年2月に両市町に打診があり、奈義町は同年3月、津山市は今年3月に受け入れ容認を表明。両市町は6月に同防衛局と、米兵は急病など特別の場合を除き外出しない▽重大な事件、事故が発生した場合は訓練中止を求めるなど適切な措置を講じる―といった順守事項を記した覚書を結び、津山市は7月、米側に申し入れ書も提出した。

 訓練概要を受け、笠木義孝町長は「内容を聞いた限りでは心配事はないように感じる。町のお願いが聞き入れてもらえた」、谷口圭三市長は「覚書に沿った内容であり、順守しながら安全に進めてもらいたい」と話した。

(2018年09月21日 21時53分 更新)
^^^^^^^^^^^^^^^

PageTop

最低賃金を1500円に!


 今年度の審議会も、かんじんの審議は非公開でした。実質的な審議は非公開の「専門部会」に丸投げでした。
 「専門部会」で、私たちに公開されたのは、開会のところと、決めってしまった後のところだけでした。
 労働者を無視した最低賃金審議会のありかたを変える必要があります。 
 来年からは、私たちユニオンがもっと報道機関に訴えるようにしたいと思います。
――――――
                   2018年7月18日
岡山地方最低賃金審議会 御中                       

     「岡山県最低賃金」の改正に関する意見書

                     岡山市北区岩田町6-11
                     労働組合 岡山マスカットユニオン


 
私たちは岡山地方最低賃金審議会に対して以下の要求を提起します。

1:早急に最低賃金時給「1500 円」以上とすること。且つその金額が、税および社会保険料などの公課を
控除してもなお「1200円」以上であること。
2:いわゆる「非正規」雇用、短期雇用といった、雇用の不安定な労働者については、労働時間を短く抑
えられていることが多いので、生活安定のため早急に最低賃金を1よりも大幅に高い水準とすること。
3:岡山県内に避難してきている東日本大震災被災者、今回の水害によって生活基盤を破壊された被災者に
ついては、期間の定めのない直接雇用をされるまでの間、最低賃金を1よりも大幅に高い水準とする措
置を早急に行うこと。
4:最低賃金審議会については早急に、(専門部会も含めた)審議の全面公開、公聴会の開催、議事録の全面公開など、開かれた運営方法に改める措置を早急に実現すること。
5:「ワーキングプア」とよばれる層の労働者と関わる機会が比較的多い合同・一般労組の代表者を、労働者代表委員に選任・補任する措置を本年度内に実現すること。
6:できるだけ早く、1から5の方向で(最低賃金の水準維持を目的とした雇用助成金制度の創設と一体で)全国全産業一律の新しい最低賃金制を確立するように、厚生労働省および中央最低賃金審議会に要請すること。

理由

1:憲法25条で定められた「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」とは、労働者がただ単に「飢えて死
  ななない」最低限度であればよいのでなく、家族や友人と「ささやかなぜいたく」を楽しむことのできる生
  活基盤としての賃金が保障されるということである。
2:多くの労働者が、外注化・「非正規」職化、リーマン・ショック以後の世界大不況、東日本大震災に伴う震災
  解雇などによって不安定な立場になりつつあるなか、現在の最低賃金の水準ではとうてい安心して暮らすこ
  とができない。「最定賃金を上回っていても、最低限度の生活はできない」(山陽新聞2013年8月7日)と
  の声が社会には溢れているのが実情である。
3:企業に対しては既に様々な雇用助成金制度があるのに、最低賃金底上げの為の施策について考慮されていな
  い労働行政は著しく不公平であると、私たちは感じていること。
4: 最低賃金の水準が低いままに抑え込まれていることが年金・保険制度の空洞化、崩壊状態につながっている。
5:今日、雇用情勢は売り手市場と言われ、賃金が上昇しているように言われているが、正規雇用はそれほどに多くなく、ほとんどが派遣か契約社員などの非正規雇用になっている。最低賃金は非正規雇用の労働者に適用されることが多く、生活の安定をはかるには大幅な最低賃金の底上げが必要である。

――――――
                      2018年8月21日
岡山労働局長 千葉登志雄殿  
                        
     岡山県最低賃金の改正に関する異議申し立て書

                     岡山市北区岩田町6-11
                    労働組合 岡山マスカットユニオン


 中央最低賃金審議会は2018年7月26日、地域別最低賃金について、引き上げ額の「目安」を答申しました。岡山県内最低賃金については「C」ランクに位置づけ、「25円」引き上げとしました。それに追随する形で、8月6日、岡山地方最低賃金審議会は、県内の地域別最低賃金について現在の時間額781円から「26円」引上げの「807円」に改正するよう、岡山労働局長に答申しました。7月31日の岡山地方最低賃金審議会の審議開始からわずか1週間という短い時間で、(8月6日非公開に行われた第2回目の)専門部会に丸投げした、真摯に審議したとは言えないような「答申」は、許し難いというほかありません。
私たちは、今回の答申に対し異議を申し立て、改めて以下の要求を提起します。
1:早急に最低賃金時給「1500円」以上とすること。且つその金額が、税および社会保険料などの公課を控除し
てもなお「1200円」以上であること。
2:いわゆる「非正規」雇用、短期雇用といった、雇用の不安定な労働者については、労働時間を短く抑えられて
いることが多いので、生活安定のため早急に最低賃金を1よりも大幅に高い水準とすること。
3:岡山県内に避難してきている東日本大震災被災者、今回の水害によって生活基盤を破壊された被災者に
ついては、期間の定めのない直接雇用をされるまでの間、最低賃金を1よりも大幅に高い水準とする措
置を早急に行うこと。
4:最低賃金審議会については早急に、(専門部会も含めた)審議の全面公開、公聴会の開催、議事録の全面公開など、開かれた運営方法に改める措置を本年度内に実現すること。専門部会への丸投げによる本審の省略を止め、審議に充分な時間を使うこと。
5:「ワーキングプア」とよばれる層の労働者と関わる機会が比較的多い合同・一般労組の代表者を、(専門部会も含めた)労働者代表委員に選任・補任する措置を本年度内に実現すること。
6:できるだけ早く、1から5の方向で(最低賃金の水準維持を目的とした雇用助成金制度の創設と一体で)全国全産業一律の新しい最低賃金制を確立するように、厚生労働省および中央最低賃金審議会に要請すること。
理由
1:憲法25条で定められた「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」とは、労働者がただ単に「飢えて死ななない」最低限度であればよいのでなく、家族や友人と「ささやかなぜいたく」を楽しむことのできる生活基盤としての賃金が保障されるということである。
2:多くの労働者が、外注化・「非正規」職化、リーマン・ショック以後の世界大不況、東日本大震災に伴う震災解雇などによって不安定な立場になりつつあるなか、現在の最低賃金の水準ではとうてい安心して暮らすことができない。「最低賃金を上回っていても、最低限度の生活はできない」(山陽新聞2013年8月7日)との声が社会には溢れているのが実情である。
3:企業に対しては既に様々な助成金制度があるのに、最低賃金底上げの為の施策について考慮されていない労働行政は著しく不公平であると、私たちは感じていること。
4:2桁の引き上げとしたのは「大幅」であるとの印象を与えるかもしれないが、そうではない。時給「26円」の引き上げは、労働者にとってはほとんど利益にならない。現在も食料品やガソリンなどの価格は高騰しており、予定されている消費税率引き上げ(10%への消費増税が自民・公明両党間で合意されている)などのことも考えれば、労働者にとっては実質的な賃金引き上げとはいえない。
5:最低賃金の水準が低いままに抑え込まれていることが年金・保険制度の解体につながっている。
6:今日、雇用情勢は売り手市場と言われ、賃金が上昇しているように言われているが、正規雇用はそれほどに多
くなく、ほとんどが派遣か契約社員などの非正規雇用になっている。最低賃金は非正規雇用の労働者に適用さ
れることが多く、生活の安定をはかるには大幅な最低賃金の底上げが必要である。    以上

PageTop